ITの情報を共有する必要性

ITの情報を入手した時点で、本来は会社内のミーティングなどで皆に伝えるというようなことをすることが必要かもしれません。
自分一人だけの情報として他に話さないということの理由としては、それくらい皆知っているかもしれないので、発言するほどでもないか・・というような気持ちの場合が多いでしょう。

でも実際には、皆知らなかったというようなこともあるのです。
自分が得た情報は自分だけのものだから・・というようにして他に話なさないというようなタイプの人もいます。
そのようなことをしていると、結局は会社自体が成長しないということになるのです。

会社自体が成長しないと、会社にも良い仕事が入ってこないということになり、自分がする仕事も進歩が無かったり、単調なものになってしまうということが想定されます。お金さえもらえたらいいや、というように思うかもしれませんが、皆がそのような考えでいると、そこで個人の成長というものもストップしてしまうでしょう。

そのようにならないためには、常に新しい情報をキャッチして、それを皆で共有しながら役立てていくというようなことが必要なのです。
会社のために自分は何が出来るかということをいつも念頭に置きながら仕事をすることが重要です。

会社のために、自分は本当に役に立てているんだろうかと悩む時期もあるかもしれません。
でも情報を入手してそれを社内の人に伝えるだけでも、十分役立つということがあるのです。
その情報が会社を救うということもあるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です