IT業界での経験

エンジニアとしてさまざまな経験をすることにより、それが自分にとって豊富な経験値を積むということになり、とても重要なことだと思います。
IT業界に勤めて培った経験が、今の自分というものを形成し仕事に繋がってくることもあります。

こんな経験は二度としたくない・・と思うようなこともあるかもしれませんが、少し時間が経てば、あの経験があったから今の自分があるとい言えるようなこともあると思います。そのように思えるような経験がほとんどですから、その時その時を精一杯行動すると良いと思います。

いつも頑張り過ぎていると心身がもたないということもありますので、少し肩の力を抜くということが必要な時もあるでしょう。
そういった判断力というものも重要になってきます。
経験が豊富になると、ここでは力を入れてここは少し力を抜いてもいいというようなことが分かってきます。

それも働きやすくなるということなのです。
経験というものは、色々な場所で自分を救ってくれるものになります。自分が経験したことのないことを、人からいくら説明されても、ピンとこないということもあるでしょう。

自分が経験したからこそ分かること、次に同じことが起きた時にどのように対処をするべきかということが分かるのです。
そういった意味でも、経験をどんどん積むようにしたいところです。
無駄な経験というようにその時思ったことでも、実はそうでは無かったということはとても多いはずです。

転職をする人の多くは、キャリアップのためや条件をもっと良いところで働くためという理由でチャレンジされる方が多いと思います。ただ、私個人的な見解としては、転職理由が「経験を多く積むため」であっても良いと思うのです。経験が多ければ多いほど、自分の輝く場所が見えてくる。今後先にどう動いてよいか見えてくるということもおおいにあると思います。

転職理由や体験談などに目を通してみると、意外な発見があるかもしれませんよ。
http://xn--cckl8bfd2fsb7lwgn652fmcsav5r.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です